- むち打ち症による症状固定時期

むち打ち症による症状固定時期

むち打ち症は目に見えない症状であり、レントゲンなどの画像診断でも評価がしにくいため、客観的に証明するのが難しい症状なのです。
よって、受傷時の状況、治療日数、治療内容、治療期間が重視され、一つの判断とされています。
後遺障害として認定されるには、約6カ月以上の通院、治療期間を経て症状固定とするのが多いようです。

早期打ち切りの場合もある

例えば、車同士の事故で、事故の状況が、サイドミラーだけ当たったような事故であったり、事故の程度に対し長期の療養などは認められないケースも多いです。


アクセス情報

所在地

〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町1-4-10 古谷ビル1F

駐車場

5台あり

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日

予約について

交通事故患者様は優先的に診療させていただきます。