- 様々なむち打ちの症状

様々なむち打ちの症状

むち打ちというと、首や肩が痛いだけだと思っていませんか?
実はむち打ちには色々な分類があり、いろいろな症状が出るのです。

交通事故にあってから、痛みだけじゃなく、身体にいろいろな不調が出ている・・・
それはむち打ち症の症状かもしれません。

むち打ちの分類

頸椎捻挫型

頸椎捻挫型むち打ちは、一番多いむち打ちです。
7割から8割が頸椎捻挫型といわれています。

この症状は、首が急激に前後に振られることにより、首や肩、背中の筋肉や靭帯が急激に引き延ばされ、負傷する症状です。
負傷した筋肉や靭帯は、炎症と同時に固くなり、可動域制限や痛みを生じます。
固くなった筋肉や靭帯により、後頭神経などの神経も圧迫され、頭痛やめまい、吐き気などの症状が起こる場合もあるのです。

根症状型

交通事故の衝撃により、頸椎から出る神経根と呼ばれる末梢神経が引き延ばされたり、頸椎がゆがむことにより圧迫され起こるのです。
このパターンは、末梢神経に症状が出るため、腕や足に痺れや痛みが出るのが特徴的です。
圧迫される部分によって、シビレの出る範囲や、症状も変わってきます。

ひどくなると、筋力低下や、知覚鈍麻などもおこるため、少しでも後遺症を残さないためにも、適切な処置が必要です。

バレ・リュー症候群

後部交感神経症候群とも呼ばれる症状です。
むち打ちにより、強い外力が加わったときに頚部から出ている血流をつかさどる交感神経を負傷し血流が悪くなり起こる症状です。
さらに頚部には椎骨動脈と呼ばれる脳にまで走行する動脈が走っているのですが、むち打ちによる衝撃で筋肉が緊張し、緊張した筋肉により、動脈が圧迫され血流が悪くなるのです。

これらの原因により、血流が低下すると、頭痛、めまい、難聴、耳鳴り、吐き気、全身の倦怠感などが起こる症状をバレ・リュー症候群といわれています。

脊髄症状型

背骨の中を通る脊髄神経がむち打ちにより、損傷された場合に起こる症状です。
脊髄神経を傷つけると、下半身の動きが悪くなったり、シビレなどが起こります。

ひどい場合は歩行困難になったり、膀胱直腸障害といい、排便、排尿がうまくできなくなることもある症状です。この脊髄症状型がむち打ちの中でも一番深刻なケースで、ひどい後遺症が残る可能性が高いのです。

脳脊髄液減少症

脳脊髄液とは、脳や脊髄などの中枢神経を包み込んでいる液で、むち打ちなどの外力で、脳脊髄液が漏れ出てしまい、起こる症状が脳脊髄液減少症です。

脳脊髄液減少症はきつい症状があるわけでなく、体がだるい、頭が重い、眠れないなどの、不定愁訴が主訴になってきます。
事故にあったときは首の痛みや腰の痛みで、そちらに意識も集中してしまうため、気が付かれないケースが多い症状になっています。


これらのように様々な症状が起こるのがむち打ち症なのです。
むち打ち症は早めの処置で改善や後遺症の残り具合がかなり変わってくるため、むち打ちにあって不調があるようでしたら、すぐに泉大津市・和泉市交通事故治療センターにご相談ください。


アクセス情報

所在地

〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町1-4-10 古谷ビル1F

駐車場

5台あり

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日

予約について

交通事故患者様は優先的に診療させていただきます。