- むち打ち症とは

むち打ち症とは

むち打ち症の本来の正式名称は「頸椎捻挫」「外傷性頚部症候群」と緒ばれるのですが、事故で衝突してしまったり、急停車した際、首と頭が前後に大きくしなり受傷することから総称してむち打ち症といわれています。

むち打ち症のの分類

むち打ち症と一言で言われますが、数種類に分かれているのです。

頸椎捻挫型

この頸椎捻挫型がむち打ち症の中で一番多いです。大体約八割近くを占めるといわれています。
正常な可動域以上に前後に首を引き延ばされることにより、首や背中の靭帯や筋肉が損傷され起こります。

根症状型

頚部から出る神経根を圧迫してしまう状態です。
主に交通事故の衝撃による、筋緊張やゆがみが原因で起こります。
首や肩の痛みだけじゃなく、腕にしびれ等の神経症状が出てきます。

バレ・リュー症候群

後部交感神経症候群とも呼ばれます。
むち打ちにより、頚部にある交感神経を受傷することにより起こる症状だとされており、めまい、吐き気、などの不定愁訴が起こります。

脊髄症状型

むち打ちの中で一番重症です。
脊髄神経を受傷してしまうので、歩行障害などを生じることが多いです。

脳脊髄液減少症

むち打ちの外力により、脳と脊髄を守っている脳脊髄液を包んでいる硬膜に傷がつき、脳脊髄液が漏れ出るために起こる症状です。
自律神経失調症のような様々な症状が出てきます。


一般的には頸椎捻挫型のむち打ちが多いので、しっかり治療を行うと後遺症もなく改善することがほとんどです。
しかし、脳脊髄液減少症などは、画像診断でもわかりにくく、いつまでも体がだるい、頭が重い、などの不定愁訴を偶然だと見逃してしまう方もいらっしゃいますので、注意が必要です。

もしも、なかなか改善しない不定愁訴等にお悩みの場合は泉大津市・和泉市交通事故治療センターにご相談ください。
ご相談や無料治療体験会は随時受け付けております。


アクセス情報

所在地

〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町1-4-10 古谷ビル1F

駐車場

5台あり

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日

予約について

交通事故患者様は優先的に診療させていただきます。