- 交通事故と脳脊髄液減少症

交通事故と脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症という言葉は昔からあったのですが、むち打ちとの関連性が高いと医師からの注目が集まり、最近テレビなどのメディアで取り上げられることも多くなってきました。

脳脊髄液とは、脳と脊髄の周りを満たし、衝撃から守るクッションの役割を果たす液です。
この脳脊髄液は本来、一定量で保たれているのですが、その量が少なくり脳や脊髄にかかる髄液圧が低い状態を脳脊髄液減少症と言われます。

代表的な症状としては、起立性頭痛・首の痛み・全身検体(慢性疲労)・めまい・吐き気・耳鳴り、鬱など佐様々な不定愁訴が出現します。
むち打ち症の後遺症として、これらの不定愁訴が多いことから、調べられた結果、後遺症を訴えられている患者様に脳脊髄液の減少が多く見られたため、話題となっています。
しかし、この病気の原因や病態の解明は完全には行われておらず、医師によって考え方がかなり違うようです。

脳脊髄液減少症かな?と思ったら

まずは病院へ行き、整形外科や脳神経外科にて、詳しい診断を受けることが大切です。
病院での治療法はブラッドパッチという治療法がよく行われています。
ブラッドパッチは硬膜と背骨の間にある脂肪組織に患者様本人から摂取した血液を注入し、注入された血液が、髄液の漏れた部分を塞ぐこのを期待する治療です。

それでも治らない症状は

病院でも治療しても治らないその症状は泉大津市・和泉市にある交通事故治療センターにお任せください。
当院にも脳脊髄液減少症だといわれる患者様や、症状が当てはまる患者様はたくさん来られています。
そのほとんどの方が、背骨や特に首の骨がゆがんでしまっているのです。
その方々に、正しい姿勢にする矯正治療を行い、脳脊髄液の流れを良くしてあげると、多くの人が改善しています。

・病院に行ったけど解決しない
・どうにかしてこのつらい症状を改善したい

という方は泉大津市・和泉市交通事故治療センターへご相談ください。
無料治療体験会や相談を随時受け付けています。


アクセス情報

所在地

〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町1-4-10 古谷ビル1F

駐車場

5台あり

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日

予約について

交通事故患者様は優先的に診療させていただきます。