- 交通事故の高齢化

交通事故の高齢化

最近高齢者に対する交通事故のニュースをよく目にすることが増えてきましたが、それもそのはず日本の高齢化は年々ふえていってます。
平成28年で65歳以上の方の、総人口の27.3%という数字になっており、その中でも高齢運転者は1000万人を軽く超えています。
高齢人口の増加により、母数が増えるわけですから、高齢者の交通事故が目立ってきます。

さらに問題とされているのが、加齢による、注意力、集中力、とっさの判断力などの運転能力や、判断力が低下してしまうといわれています。その結果、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」「集中力が不足し気が付かないうちに反対車線に入っていた」などの事故を引き起こしてしまうのかもしれません。

もちろん長年運転してきたベテランドライバーの方もいるでしょう。
しかし、どうしてもこのような判断能力や、危険回避能力の低下は少なからずあるため、「自分は運転歴がないから大丈夫」と油断せずに、常に初診に戻る気持ちで運転をする必要があるのかもしれません。


アクセス情報

所在地

〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町1-4-10 古谷ビル1F

駐車場

5台あり

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日

予約について

交通事故患者様は優先的に診療させていただきます。