- 交通事故による後遺障害とは

交通事故による後遺障害(後遺症)とは

後遺症とは?

交通事故により負傷した部位に治療を行った結果、なおも、残ってしまった機能障害や神経症状などを後遺症といいます。

残ってしまった症状(後遺症)に対し、特定の要件を満たしたものを後遺障害として等級認定し、損害賠償請求の対象となるので、すべての後遺症が後遺障害になるわけではありません。

後遺障害として認められるには

➀治療終了時に残っている痛みや神経症状が交通事故によって発生した症状であること
②未来においても回復の見込めない状態(症状固定)
③交通事故とその症状固定との間に確かな関連性と整合性が医学的に認められるものであること
④労働能力の低下を伴うもの
⑤状態が自賠法施行令の等級に該当していること

と定義されています。

上記の基準から見て取れるように、
後遺症が残らないのが一番ですが、万が一後遺症が残ってしまった時のためにも、整合性や関連性をしっかりと証明できるように適切な治療や検査を受ける必要があるのです。

むち打ち症などの症状は、徐々に症状が強くなってくることもよくありますし、長期的に後遺症を残すこともある症状です。
勝手に治ると侮って病院に行かずに、症状が残ったけど後遺症害が認められない。ということもあるのです。
しっかりと治療して後遺症を残らない状態を作っていきましょう。


アクセス情報

所在地

〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町1-4-10 古谷ビル1F

駐車場

5台あり

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日

予約について

交通事故患者様は優先的に診療させていただきます。