- 交通事故治療の必要性

交通事故治療の必要性

交通事故におけるむち打ち症は、すぐに症状が出るものだけではありません。

事故にあってしまったけど、あまり症状がないから病院にかずに様子を見る方もいらっしゃるのですが、交通事故によるけがは、目に見えない症状が多く、時間の経過とともに徐々に痛みやツッパリが出てくることが多いのです。

多くのむち打ち症は数日から数週間で症状が出てくるのですが、場合によっては数か月後に出てくることもあるため、もしも、数か月後に症状が出てから病院に行っても、保証もうけれませんし、あとから出てくる症状は治りにくい場合も多いため、どんな事故でも、ご自身で判断せずに病院で検査を受けることをお勧めしています。

当院に交通事故の相談に来られた、患者様でも、はじめは少し肩が突っ張るとおっしゃっていただけなのですが、徐々に痛みがきつくなってきて、首が回りにくくなった。という方もいらっしゃるので注意が必要です。

また、交通事故によるむち打ち症は、適切な治療を受けていないと、後遺症が残ることがあります。
後遺症としてよくあるのは、肩や首の痛み、腰の痛みが完全に取れず残ったり、痺れなどの神経症状、めまい、頭痛、吐き気、などの症状が残ったりするため、後遺症を残さないためにも、交通事故後の治療は慎重に行う必要があるのです。


アクセス情報

所在地

〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町1-4-10 古谷ビル1F

駐車場

5台あり

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日

予約について

交通事故患者様は優先的に診療させていただきます。