- 交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭ってしまうと気が動転してしまいますよね。
二次被害を起こさないためにも落ち着いて的確な行動を心がけましょう。

1. 車を安全な場所に移動させる

後続車からの追突などの、二次被害の危険性があるため、ほかの交通の妨げにならないよう、車を移動させエンジンを切りましょう。
路肩など、スペースがない場合は、ハザードをつけ停止表示機材や、発煙筒を置くなどして、後続車に注意を呼びかることが大切です。
同乗者や運転手も安全な場所に移動して、警察を待つようにしましょう。

2. 負傷者を救護し、119番に連絡

負傷者が軽症なら安全なところに避難してもらい、重症の場合は動かさず救急車の到着を待ちましょう。
救急車が到着するまでの間、可能な限り応急救護措置を行ってください。

3. 110番に連絡

事故に遭った場合まず警察に連絡しましょう。稀に、向こうもこっちも大した損傷や負傷はないから大丈夫。という方もいらっしゃるのですが、自己判断はやめましょう。警察への届け出を怠ってしまうと、「交通事故証明書」が発行されないので保険会社から保険金等を受け取れない場合があります。
本来は加害者が届け出義務がありますが、加害者が届け出を行わないケースもあるので、必ず届けるようにしてください。

4. 加害者と加害車両の確認

多々あるケースですが、相手が誠実そうに見えても、保険会社を挟んで会わなくなると物事を進めていくと、話の内容が変わってくることがあるのです。
なので、加害者の氏名、住所、電話番号、ナンバープレート、写真等で記録を残しましょう。

5. 事故状況の記録

後日、向こうの言い分が変わったり、争いになる可能性も0ではありません。
万が一に備えて、事故現場の状態を写真に撮りましょう。
「ブレーキ痕」「壊れた自動車などの部位」「加害者車両」「被害者車両」を撮ることがおすすめです。
もしも周りに、目撃者がいる場合は、名前と連絡先を聞いておきましょう。

6. 自分の保険会社に連絡をする

ご自身の加入している保険会社に事故に遭ったことを連絡しましょう。
搭乗者保険をかけている場合は、請求することができます。

7. ケガがなくても、必ず病院で検査を受けましょう

事故直前は興奮しているため、症状が出ないこともありますし、場合によっては何日もたってから症状が出てくる場合も多くあります。
病院にて診察を受けておらず、徐々に痛くなってきたのを我慢していると、事故から間隔があきすぎて事故との因果関係を認められず、療養費等の保証を受け取れない場合があるので注意が必要です。

8. 相手の保険会社に整骨院に通院することを伝える

最初に行った病院にしか通えないと思っている方がいらっしゃるのですが、通院する治療所は、患者様が決めることができるのです。
もしも、やり方等がわからない。などの疑問があれば、心身堂鍼灸整骨院にご相談ください。
交通事故専門スタッフが丁寧に対応いたします。


アクセス情報

所在地

〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町1-4-10 古谷ビル1F

駐車場

5台あり

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日

予約について

交通事故患者様は優先的に診療させていただきます。